創業 昭和三十七年 西村川魚店

メールでのお問い合わせ

ご注文・お問い合わせ

ココロも身体も元気になる旨い鰻で食卓をハッピーに!

現在では、様々な技術の進歩によって価格は下がり、
保存期間も長くなり、科学的な「うま味」も増えました。
しかし、それによって「生きた魚を食べ、もぎたての野菜を食べる。」という、
かつては当たり前だった「本当に豊かな食」というものが失われているように感じます。

身体に良いものを美味しく楽しく食べてこそ、
健康で元気な日々が過ごせると僕達は思います。
家族で食卓を囲み、おじいちゃん、おばあちゃんからお子さんまで、
みんなに安心して楽しく食べてもらえる旨い鰻。
そんな鰻をずっと焼き続けていくことが西村川魚店の使命だと考えています。

こだわり

「平成の名水100選」に
選ばれた土地で育った健康な鰻

鹿児島県、志布志の綺麗な水で育てられた鰻は、どこのものよりとても元気なんです。
もの凄くパワフルで、捌くときなど暴れる鰻を押さえ込む手がつってしまうほどです。
焼き上げると、モチッとした食感と甘い風味が特徴で、筋肉質な身の適度な食感が最高なんです。

厳選された新鮮な鰻を
その日に捌き焼き上げます

「新仔」と呼ばれる生まれて1年前後の若い鰻を使用しているので身や皮が柔らかく臭みが少ないんです。鰻本来の味を楽しんで頂けるよう、その日に捌いた鰻しか提供していません。

旨味を閉じ込め
鰻本来の味を引き出します

何度もこまめに返し直火でじっくり焼くことで、身に含まれる水分や脂、旨味を閉じ込めます。そうすることでふっくらと仕上がり、脂がのっているのにサラッとしていてくどくない蒲焼に仕上がるんです。

蒲焼の味を最大限に引き出す
あっさりしたタレ

毎朝、しょうゆとみりんなどを秘伝の割合で仕込み、鰻本来の味を際立たせるためサラッとした薄味に仕上げています。
風味を損なわないよう、お付けするタレは再加熱しておりませんので、お早めにお召し上がりください。

鰻の味を引き立てる
特Aランクの京都丹後産コシヒカリ

炊飯した白飯を実際に試食して評価する「米の食味ランキング」で、「特A」を獲得している、炊き上げた時にふっくらとほのかな甘みを感じるお米です。
そして、お米を炊く際の水にもこだわり、一粒一粒のお米にしっかりした潤いとミネラルを与える、鰻の産地と同じ鹿児島県の天然水を使用しております。

ココロも身体も元気になる旨い鰻で食卓をハッピーに!

昭和三十七年 創 業
祖父・西村輝一が神戸・長田に『西村川魚店』を開業。
平成六年十二月 2号店オープン
丸ハ市場に2号店をオープン
平成七年一月 阪神淡路大震災
オープン間もない2号店、全壊。
平成七年六月 再オープン
復興のシンボル『復興元気村パラール』に再オープン
平成二十一年 三代目就任
創業者の孫、西村大輔が三代目就任。百貨店への出店。水産加工業及び宅配事業開始。
平成二十六年一月 テレビ取材
『関西テレビ スーパーニュースアンカー』でおせちの早朝宅配が取り上げられる。
平成二十六年八月 新聞取材
8/21の神戸新聞に、この町の『夏の風物詩』として宅配の姿が紹介される。

ページトップへ